いつの間に!?出産後に激増したシミとソバカス

20代の頃は、まさか将来こんなにも顔のシミとソバカスに悩まされるなんて、夢にも思っていませんでした。日焼け止めクリームやUVカットの化粧下地をキチンと顔に塗って、将来の美肌のために備えておけばよかったと、今でも後悔しています。
しみそばかす30

30代になってすぐ第一子を妊娠したのですが、その時に妊娠中はメラニン色素が増えるので、顔のシミやソバカスも増えやすいという情報を目にしました。出産時期は9月末だったので、ちょっとした運動や買い物のために外に出る機会が多かったのは、初夏から真夏の時期。つまり紫外線が最も強いと思われる季節でした。

 

それをわかっていながらも、きちんとUVケアもせずに日差しの下でガンガンウォーキングをしていたのが最も災いしたのだと思います。

 

出産後、赤ちゃんと私の写真を撮影していた実の兄がボソッと「顔、シミとソバカスだらけだな。」と言ってうっすら笑っているのです。まさかと思ってすぐに鏡を見てみたら、それは完全に事実でした。両頬にはソバカス、こめかみにはおばあさんの顔によくあるような特大のシミが居座っているではありませんか。
しみそばかす28
その後も、息子が成長して幼稚園に通い始めたある日、用事があって園に出向きました。すると、一人の可愛らしい女の子が寄ってきて「ねぇ、おばちゃんのお顔のこれ治るの?私のママにはこんなのないよ?大丈夫?」と顔のシミを心配されてしまう始末です。

 

その他にもいくらファンデーションを塗ってもシミやソバカスが目立ってしまい、実年齢より確実に老けて見えてしまうことや、子供とふざけてスマホで撮影した写真の顔が汚すぎて愕然としたり、このシミとソバカスが原因で嫌な気持ちになったことは本当に数知れずといったところです。若い頃に何も紫外線対策をせずにいたツケが一気にきた!
しみそばかす29
しかし、本当に落ち込んでこの顔をどうにかしなくてはと考えさせられた出来事は、あの可愛らしい幼稚園児に言われた言葉です。子供は素直だから仕方ないですね。