それマスカラ落ちじゃなくてシミですから!

定期的に通っているまつ毛パーマの施術の際、目の下のしみを思い知らされたことがあります。
まつ毛パーマを施術する際、まずマスカラをまつ毛から落とします。その際、コットンにマスカラを落とす液をひたしたものを使うので、マスカラをコットンで拭き取るように落とすと目の周辺のファンデーションも一緒に拭き取られてしまいます。このため、いつもは目の下のしみのうち濃いものはコンシーラーで隠しているのですが、まつ毛パーマをする日はコンシーラーを使用せずにファンデーションを薄くつけるだけにしています。
しみそばかす16
このため、3回に1回の割合で、マスカラをまつ毛から除去した後、コットンで目の下を数回ゴシゴシされます。

目の下の濃いしみを、落としたマスカラが肌に付着してしまったものと勘違いされて拭き取られるのです。

最初は自分でも気づかず、マスカラを落とす液が付いてしまったのかとも思っていましたが、そうであれば1回拭き取れば済むはずです。でも、何度もゴシゴシされますし、さらにゴシゴシ拭き取られている箇所は毎日コンシーラーを使用している場所と同じなので、もしかして今拭き取ろうとしているのはしみ!?と気付きました

しみそばかす18
気付いてからは本当に恥ずかしくて仕方がないのですが、かといって自己申告することもできず、いつも途中で相手が気付いて終わります。
数ヶ月おきに定期的に同じ店に通っているのですが、目の下の濃いしみはいくつかあるためか、度々同じようなことをされます。今回はそっちのしみを拭くのね、と半ばあきらめていますが、やはり気分のいいものではありません。
しみそばかす17
いつもはコンシーラーで隠しているので、自分でも日中はしみの存在を忘れてしまっているところもあり、あまり意識をしていなかったせいもあると思うのですが、まつ毛パーマで拭き取られるたびに自分のしみはマスカラと間違う程に濃いのかと落ち込みます。
高価な美容液やサプリメントを使用しても薄くならず、どちらかというと年々しみが濃くなっていっているような気がしています。これ以上マスカラに間違われてがっかりしたくないので、レーザー治療をしようかどうか悩んでいるところです。日光の過剰摂取でシミだらけで嫌